タトゥー除去を目的にピコレーザーを受けました

消えるか不安だったがリスクの少ないピコレーザーを選ぶ

子供を授かってうれしいという思いがあったものの、このままでは子供と一緒にプールにも行けないし、何よりも私の背中のタトゥーのせいで子供が嫌な思いをするのではないかと思うようになりました。
ここで完全にタトゥー除去を決断しました。
調べてみると、一言でタトゥー除去といっても様々な種類のものがあることがわかりました。
まず私が入れていたタトゥーの大きさは、だいたい縦6センチ、横6センチほどの大きさです。
黒一色で、濃さはやや濃いめで、塗りつぶしているような部分はありません。
ファッションタトゥーという機械で彫ったものです。
実際に行われる方法として私が気になったのが、ピコレーザーと呼ばれるものです。
従来のレーザー治療もあるようですが、それよりも金額はさらに高くなります。
期間もおよそ2年ほどかかってしまいますが、広範囲の手術も可能であり、痛みもほかの施術と比べた場合には一番良いのではないかと感じました。
うまくいけば一番きれいに除去できる点が、選んだポイントと言えます。
従来のレーザーの場合にも、除去するまでの期間は2年から3年ほどかかり、どちらかというと消えにくいというものでした。
私が考えていた切除は、金額は普通で手術が終わればすぐに除去することができますが、広範囲には不向きであり、傷跡が残ってしまい、なんといっても仕上がりのきれいさは医者の腕次第にかかっています。

友達の影響でタトゥーを入れ妊娠を機に除去を考える消えるか不安だったがリスクの少ないピコレーザーを選ぶ5回の施術で綺麗に除去することが出来た

ピコレーザー タトゥー除去 : ピコレーザー | タトゥーの除去