タトゥー除去を目的にピコレーザーを受けました

友達の影響でタトゥーを入れ妊娠を機に除去を考える

私は高校三年生ぐらいからかなりやんちゃな生活をしていました。
あまり印象の良くない友達とも付き合うようになり、その友達の影響によって、20代のはじめのころに背中の上の方にタトゥーを入れました。
今思えば完全に若気の至りだったと思います。
当時はすごくカッコ良いと思っていて、わざとタトゥーが目立つような洋服をしたりもしていました。
しかし25歳になって、こんな生活を送っていたらだめだと思い、しっかりと就職をしてきちんとした生活を送るようになったのです。
社内で出会った彼氏もできて、27歳で結婚を果たしました。
背中にタトゥーがあることを彼氏は知っていたのですが、それほど私を受け止めてくれたようです。

消えづらい足のタトゥーが、10ヶ月でここまで消せたら良好な結果ですね✨もうプールもお風呂も隠す必要なし!色素沈着などが落ち着く半年後には、さらに目立たなくなっていますよ。
ピコレーザーならではの結果です!#タトゥー #タトゥー消したい #タトゥー除去 #タトゥー消去 #ピコレーザー #刺青除去 pic.twitter.com/ZEKSdeOnms

— キルシェクリニック めかた啓介 (@kirsche_clinic) 2019年3月27日
彼氏と付き合うようになってから、様々な場所に旅行にも行くようになりました。
しかし私のタトゥーがあることによってプールにも行けず、ホテルの温泉にもいくことができませんでした。
利用するのはいつも家族風呂やホテルの部屋についているお風呂で、彼氏にとても申し訳ない思いでいっぱいでした。
このころから私はタトゥー除去を考えるようになったのです。
しかし私の中でタトゥー除去というと、メスを入れて切り取るようなイメージしかありませんでした。
このことからなかなか決断には至らずに、ついに私はおなかに子供を授かったのです。

友達の影響でタトゥーを入れ妊娠を機に除去を考える消えるか不安だったがリスクの少ないピコレーザーを選ぶ5回の施術で綺麗に除去することが出来た